青山技術
青山技術

ドロップチェックサム

Ver1.1.0   (2009/3/16)

ファイルをドロップして、ファイルのハッシュ値(MD5、SHA-1、SHA-256)を求め、チェックサムを確認するソフトです。

ダウンロード

動作環境:Java 6, 8

寄付

フリーソフトですが、寄付は歓迎しております。
金額:720円 (消費税、ベクター送金手数料込み)
寄付は、PayPal、または、ベクターで行ってください。
下のいずれかのアイコンをクリックすると、支払いページが開きます。
PayPal ベクター
ベクターでの送金
 作品番号:SR136982

紹介

どんなときに使うの?
  • インターネットからファイルをダウンロードするとき、チェックサムが公開されていることがあります。 ファイルをダウンロードした後、このソフトで、チェックサムを比較すると、ダウンロードしたファイルが正しいものであるか確認できます。
  • インターネットにファイルを置くとき、このソフトで求めたチェックサムの値を公開しておくと、 他の方がファイルをダウンロードしたとき、そのファイルが、壊れていないこと、改ざんされていないことが確認できます。


特徴
  • ファイルをドロップするだけで、ファイルのハッシュ値(MD5、SHA-1、SHA-256)が求められます。
  • 比較するチェックサムの値は、空白が含まれていたり、大文字でもかまいませんから、HPに書かれているチェックサムの値と簡単に比較できます。
  • Windowsであれば、エクスプローラの右クリックのメニューから、簡単に起動できます。(ただし、設定は必要です)

使い方

インストール、アンインストール
インストール方法

ダウンロードしたファイルを展開し、適当なフォルダにコピーしてください。

アンインストール方法

アプリケーションを削除する場合は、フォルダを消してください。

一般的な使い方
  • ファイルをドロップし、ハッシュ値を求めます。
  • HPで公開されているチェックサムの値を、入力します。
  • ボタンをクリックして、比較。一致していれば、正常なファイルだと確認できます。
便利な使い方
実行時の引数に、アルゴリズムと、ファイル名を指定できます。

DropCheckSum -a アルゴリズム ファイル名

アルゴリズム:md5、sha1、sha256のいずれか。デフォルトは、md5

例:
DropCheckSum foo.zip
DropCheckSum -a sha1 foo.zip
応用編
Windowsのエクスプローラで、右クリックメニューから呼び出す方法
 
  DropCheckSum.batのショートカットを、C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\SendTo フォルダにコピーします。

  これにより、メニューの「送る」から、DropCheckSumを選択すると、選択したファイルのチェックサムを知ることができます。

注意事項

  • Java 5では、動きません。

履歴

  • Ver1.0.0   (2008/6/9)
    • 公開
  • Ver1.1.0   (2009/3/16)
    • ubuntu8.04に対応